ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > サービス費用の負担と軽減に関するご案内 > 介護保険サービス等利用費用負担軽減(立川市の制度)

更新日:2019年12月1日

介護保険サービス等利用費用負担軽減(立川市の制度)

介護保険サービスを利用した場合、かかった費用の1割または2割または3割の金額を、利用料として自己負担していただきますが、経済的事情などにより負担が困難な方のために、立川市独自の制度として、自己負担額を軽減する制度を設けています。対象は、下記の要件をすべて満たす方(生活保護受給者を除く)で、収入額や預貯金額により自己負担額の70%または100%を軽減します。

対象となる方

下記の要件をすべて満たす方が対象となります。

  • 生活保護を受けていない
  • 世帯全員が住民税非課税である
  • 世帯全員の年間収入の合計が一定の基準以下(下表参照)
  • 世帯全員の預貯金等の合計が一定の基準以下(下表参照)
  • 介護保険料の滞納がない
  • 日常生活に供する資産以外に活用できる資産がない
  • 負担能力のある親族等に扶養されていない

(注意)「世帯全員」とは、世帯分離などをしている場合も含め、同住所で同居しているすべての方になります。

軽減率

要件

世帯員1人

世帯員2人

世帯員3人

世帯員が
1人増えるごとに

70% 収入額合計 150万円以下 200万円以下 250万円以下 50万円を加算
預貯金額等合計 350万円以下 450万円以下 550万円以下 100万円を加算
100% 収入額合計 120万円以下 170万円以下 220万円以下 50万円を加算
預貯金額等合計 150万円以下

(注意)70%または100%の軽減を受けるには、上記の収入額および預貯金額等の両方の要件を満たす必要があります。

申請から認定まで

「介護保険サービス利用費用負担軽減申請書(第1号様式)」と「介護保険サービス利用費用負担軽減申請状況調査票(第2号様式)」「収入及び預貯金等の申告書(第3号様式)」に必要事項を記入・押印の上、必要書類を添えて、市役所介護保険課へ提出してください(郵送可)。申請をいただいた後、審査を行い、「介護保険サービス利用費用負担軽減決定通知書」を本人あてに郵送します。承認となった場合は申請受付日の初日から適用になります。

申請に必要な書類

  1. 介護保険サービス利用費用負担軽減申請書(第1号様式)
  2. 介護保険サービス利用費用負担軽減申請状況調査票(第2号様式)
  3. 収入及び預貯金等の申告書(第3号様式)
  4. 収入の確認できる書類の写し(世帯全員分)
    • 年金収入分は、源泉徴収票か年金支給通知
    • 給与収入分は、源泉徴収票か過去3ヵ月間の給与明細
    • 年金・給与ともに、非課税収入分も提出してください
  5. 本人及び世帯員全員の預貯金等を確認できるもの(通帳等の写し)
    • 通帳等の写しは、銀行名、支店、口座番号、名義人のわかるページと過去3ケ月間の取引明細がわかるページをご提出ください
    • 通帳等が複数ある場合はすべての通帳等の写しが必要になります。

申請書等の様式と記載例

申請書の様式(3種類すべてご提出ください)

PDFファイル

申請書等の記載例

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部介護保険課介護給付係

電話番号:042-528-4370

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。