ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 長期療養を必要とする疾病により定期予防接種を受けられなかった方へ

ここから本文です。

更新日:2017年1月30日

長期療養を必要とする疾病により定期予防接種を受けられなかった方へ

政令等の改正により、定期予防接種の対象であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等厚生労働省令で定める特別の事情があることで、やむを得ず定期予防接種の機会を逃した方も、一定の期間内であれば定期の予防接種として受けられるようになりました。事前に健康推進課への申請が必要です。

対象者

定期予防接種の対象者であった間に、厚生労働省令で定める特別の事情で予防接種を受けられなかった方

厚生労働省令で定める特別の事情は次のとおりです。

  1. 次の(1)から(3)に掲げる疾病にかかったこと
    • (1)重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
    • (2)白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リュウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
    • (3)(1)または(2)の疾病に準ずると認められるもの
  2. 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと
  3. 医学的知見に基づき1又は2に準ずると認められるもの

いずれも、やむを得ず定期接種を受けることができなかった場合に限ります。
対象疾病の例は下記の関連ファイルをご覧ください。

対象の予防接種

不活化ポリオ、BCG、四種混合、二種混合、日本脳炎、麻しん風しん混合(MR混合)、麻しん、風しん、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘(水ぼうそう)、B型肝炎

対象期間

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等の特別の事情がなくなってから2年以内
※ただし、四種混合は15歳に達するまで、BCGは4歳に達するまで、ヒブは10歳に達するまで、小児用肺炎球菌は6歳に達するまで接種可能です。

その他

接種を受ける前に必ず健康推進課にご連絡ください。内容によっては定期の予防接種の対象にならない場合もあります。
すでに自己負担で接種した予防接種は対象になりません。

お問い合わせ先

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

関連ファイル

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。