ここから本文です。

ホーム > くらし・環境 > 交通 > 道路 > 道路反射鏡(カーブミラー)の設置について

更新日:2023年11月1日

道路反射鏡(カーブミラー)の設置について

道路反射鏡(カーブミラー)は、自動車の運転者が建物や壁等が原因で直接の目視確認が困難な場合に、安全確認のために設置する「補助施設」です。

カーブミラーには、見えない範囲があり遠近感がつかみにくい等の特性があり、道路反射鏡に映る情報のみを過信し、一時停止の不履行を助長する等のデメリットもあります。カーブミラーを注視したことにより、歩行者を巻き込んだ事故の事例があることから、立川市では設置については、慎重に判断をしています。

この度立川市では道路反射鏡設置基準を定めて、カーブミラーの設置については、その内容に基づいて判断することといたしました。設置に関して多くのご要望が寄せられておりますが、必ずしもご要望にお答えできないことがございます。

カーブミラーの設置についてのご相談にあたっては、下記設置基準に一度目をお通し頂ければと存じます。設置が可能な場所でも、近隣住民の方々のご意見等により設置を見送る場合もございますので、ご理解をお願いいたします。

立川市道路反射鏡設置基準(PDF:768KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり部道路課施設係

電話番号:042-523-2111(内線2396・2392)

ファックス:042-522-9725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。