ここから本文です。

ホーム > 市政情報 > 政策・計画 > 各種計画 > 行政経営・コミュニティ > 公共施設関連計画情報 > 立川市公共施設あり方提言が提出されました

更新日:2020年3月31日

立川市公共施設あり方提言が提出されました

今後の公共施設のあり方について、立川市公共施設あり方検討委員会が提言

市長に提言書を渡す立川市公共施設あり方委員会のみなさま
市長に提言書を渡す立川市公共施設あり方委員会のみなさま(JPG:274KB)

立川市公共施設あり方検討委員会は全6回の委員会を開催し、今後の人口、財政、施設の状況を踏まえて検討を行った結果、公共施設のあり方について、3つの方針と4つの方策を市長に提言しました。

市では保有する公共施設の老朽化や今後の人口と財政の状況を踏まえて、公共施設のあり方を検討するため、平成25年7月に学識経験者、団体等の有識者、市民という6名で構成される立川市公共施設あり方検討委員会を立ち上げました。
同委員会は、計6回の検討を行い、今後の公共施設のあり方の方向性として、3つの方針と4つの具体的な方策からなる「立川市公共施設あり方提言」を作成し、平成26年3月に市長へ提出しました
市では提言の内容を踏まえて、平成26年度に公共施設のあり方の方針を定めるため、引き続き検討を行います。

関連ファイル

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部行政経営課資産活用係

電話番号:042-528-4354

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。