ここから本文です。

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 介護保険 > サービス費用の負担と軽減に関するご案内 > 居宅でサービスを利用する場合の支給限度額

更新日:2019年12月1日

居宅でサービスを利用する場合の支給限度額

介護保険で居宅サービスを利用する場合、下記のとおり、要介護状態区分別に、保険から給付されるサービス費用ひと月あたりの上限額(支給限度額)が決められています。限度額内でサービスを利用する場合には、所得に応じた割合の負担となりますが、限度額を超えてサービスを利用した場合、超えた分は利用者が全額自己負担することになります。

(2019年10月1日現在)

要介護状態区分 支給限度額
要支援1 5,032単位(おおよそ50,320円)
要支援2 10,531単位(おおよそ105,310円)
要介護1 16,765単位(おおよそ167,650円)
要介護2 19,705単位(おおよそ197,050円)
要介護3 27,048単位(おおよそ270,480円)
要介護4 30,938単位(おおよそ309,380円)
要介護5 36,217単位(おおよそ362,170円)

(注意)上記の支給限度額は保険給付される額を含んだ額で1単位10円で計算しています。(地域や利用するサービスの組み合わせによって1単位あたりの金額は若干異なります)

居宅サービスのうち限度額管理に含まれない費用

  • 福祉用具購入や住宅改修に係る費用
  • 居宅療養管理指導に係る費用
  • 短期入所サービス利用時の居住費や食費、日時用生活費等
  • 通所サービス利用時の食費等
  • サービス利用に伴う各種加算(政策上の配慮から対象外となっている加算のみ)

利用事例

支給限度額の利用事例

お問い合わせ

福祉保健部介護保険課介護給付係

電話番号:042-528-4370

ファックス:042-522-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。