ここから本文です。

更新日:2023年3月30日

立川市障害を理由とする差別解消推進まちづくり協議会について

立川市障害を理由とする差別解消推進まちづくり協議会は「立川市障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例」に基づき設置された、障害による差別を解消するための取組を効果的に行うための市長の附属機関です。

委員会の所掌事項

協議会では、以下の事項について協議します。

  • 市長から諮問のあった障害を理由とする差別に関する相談に係る事案の調査及び審議に関すること
  • 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律第18条に規定する協議会の事務等(障害を理由とする差別を解消するための取組など)

委員構成及び任期

協議会は、学識経験者、関係機関の職員、関係団体が推薦する者等で構成されています。委員の任期は、2年間です。現在の協議会委員の構成は、次のとおりです。

  • 学識経験者1人
  • 法曹等関係者2人
  • 行政等関係機関の職員4人
  • 当事者・関係団体が推薦する者4人
  • 福祉・医療関係団体が推薦する者6人
  • 事業者2人
  • 地域の団体が推薦する者1人

委員会の開催

協議会は、年3回程度開催いたします。開催日時については、「広報たちかわ」や立川市のホームページでお知らせします。手話通訳等を希望される方は開催1週間前までにお問い合わせ先までお申し込みください。傍聴を希望される方は、開催日に直接会場にお越しください。

関連リンク

立川市障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例

お問い合わせ

福祉保健部障害福祉課障害福祉推進係

電話番号:042-523-2111(内線:1520)

ファックス:042-529-8676

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。