ホーム > 市政情報 > 広報 > シティプロモーション > たちかわ交流大使

ここから本文です。

更新日:2018年10月26日

たちかわ交流大使

山下洋輔氏・記者会見

本市初のたちかわ交流大使に、市内在住の世界的なジャズピアニスト、山下洋輔氏が就任しました。

山下洋輔氏プロフィール

1942年東京生まれ。国立音楽大学に入学、作曲科に学びながらプロとして活動を始める。卒業後、1969年に山下洋輔トリオを結成、フリーフォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与え、海外でも高い評価を得る。近年では、2015年にスペシャル・ビックバンドのCD「新世界より」をリリース。2016年2月、ウィーン楽友協会ホールで佐渡裕指揮のトーンキュンストラー管弦楽団と共演、、大成功を収めました。1999年、芸術選奨文部大臣賞、2003年、紫綬褒章を受章。国立音楽大学招聘教授。

1986年より立川市在住。2014年には、立川市役所へ絵画を寄贈いただき、ロビーコンサートを開催しました。

たちかわ交流大使とは

本市とゆかりがあり、本市の魅力を発信する機会を有する各界著名人などの中から立川市長が委嘱します。本市に対する助言や情報提供、イベント参加などにもご協力いただきます。また、多くの方々に立川への興味や愛着を持ってもらえるよう、立川の魅力を国内外に広くPR・発信していただき、本市のイメージアップや知名度向上を図るため、「たちかわ交流大使」の特製名刺を提供します。

たちかわ交流大使特製名刺

たちかわ交流大使特製名刺

市内の福永紙工(かみの工作所)とともに、「にぎわいとやすらぎの交流都市たちかわ」と山下洋輔さんをイメージした特製名刺を制作しました。デザインは、グラフィックデザイナーの宮内賢治氏です。

 

活動の記録

ソロライブ@阿豆佐味天神社

平成30年10月6日(土曜日)に阿豆佐味天神社の神楽殿で、山下さんのソロライブを開催しました。この阿豆砂味天神社は、山下さんのとても深いご縁があることで知られた神社です。

山下さんの飼い猫が行方不明になってしまい、探していた折に見つけたこの神社に、猫が戻ってくるようにお願いしたところ、数日後に戻ってきたというエピソードがあり、山下さんがご著書でも「猫がえし神社」として紹介しています。 そのお返しにと、神社には山下さんがピアノで演奏する越天楽が流れます。

当日は、天気にも恵まれ、心地よい風が吹く中、山下さんの奏でる音に観客の皆さんは酔いしれていました。

 

山下洋輔氏 阿豆佐味天神神楽殿

 

中学校への出張ライブ

平成30年3月8日・13日に立川第七中学校と第八中学校で出張ライブが行われました。生徒のみなさんは、ジャズの本格的な生演奏に触れるのは初めて。最初は静かに演奏を聴いていましたが、共演のパーカッショニスト・熊本比呂志さんとの即興の演奏では手拍子を打ってジャズを楽しんでいました。山下さんは「ジャズに関することは、どんなことも楽しくて仕方がない。大好きなことは、待っていてもやってこない。自分でつかんでいこう」とメッセージを送っていました。

中学校への出張ライブの様子1 中学校への出張ライブ2

 

山下洋輔スペシャルコンサート(たちかわいったい音楽まつりWeek)

平成29年5月17日(日曜日)、立川いったい音楽まつりWeekの開幕をかざるイベントとして、山下洋輔氏のライブを行いました。市内にキャンパスのある国立音楽大学にはジャズ専修コースがあり、山下さんは、招へい教授を務めていらっしゃいます。

その国立音楽大学ジャズ専修の卒業生・在学生の中から、優秀・有望なミュージシャンをピックアップし、山下さんがプロデュースしたスペシャルコンサートでした。将来性のある若者たちとの演奏はエキサイティングかつエネルギッシュで、ホールは、およそ1,000人の盛大な拍手につつまれました。

山下洋輔スペシャルコンサートの様子1 山下洋輔スペシャルコンサートの様子2

生徒たちと気さくに話す山下さん

熱演のようす

 

お問い合わせ

総合政策部広報課主査(シティプロモーション)

電話番号:042-528-4304

ファックス:042-521-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。