ここから本文です。

ホーム > よくある質問 > 税金 > 市民税 > 所得税と市民税・都民税の違いは何ですか?

更新日:2020年2月28日

所得税と市民税・都民税の違いは何ですか?

質問

所得税と市民税・都民税の違いは何ですか?

回答

所得税は国税、市民税・都民税は地方税です。
窓口となる役所、税金の清算・計算方法、納付の時期などが異なります。

所得税は国の税金で窓口は税務署、市民税・都民税はお住まいの市区町村と都道府県の税金で窓口は市区役所・町村役場です。
所得税は、その時々の収入から概算したものが源泉徴収され、年末調整や確定申告によって精算します。
一方、市民税・都民税は、勤務先から市区役所・町村役場に提出された給与支払報告書、税務署に提出された確定申告書、市民税・都民税申告書などの前年の収入に関する資料を基に、市区町村が税金を計算して勤務先や個人に1年分の税額を通知し、税金を納めていただいております。そのため、収入のあった年と納付いただく年は1年ずれることになります。

お問い合わせ

財務部課税課市民税係

電話番号:042-523-2111(内線1206)

ファックス:042-523-2137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。