ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 妊娠前から妊娠中・産後の食事について

ここから本文です。

更新日:2018年6月19日

妊娠前から妊娠中・産後の食事について

妊娠前から食事に気をつけることは、母子の健康に大きく関わってきます。

葉酸をとりましょう

妊娠を計画していたり、妊娠初期の方には神経管閉鎖障害発症リスク低減のために、葉酸をとることが勧められています。サプリメントなどもありますが、とりすぎにも注意が必要です。

関連資料

妊娠中と産後の食事について

妊娠前からバランスのよい食事と適正な体重を目指しましょう。

妊産婦のための食生活指針を参考に、赤ちゃんや家族との暮らしを楽しんだり、毎日の食事を楽しむことは、からだと心の健康につながります。

関連資料

水銀を含む魚介類の摂りすぎに注意しましょう

魚介類の一部には食物連鎖を通じて高濃度の水銀が含まれることもあり、食べ過ぎると、赤ちゃんの発育の遅れなどに影響することがあります。一つの種類ばかりでなく、様々な魚介類をバランスよく食べましょう。

関連資料

食中毒予防のために洗浄・加熱しよう

妊娠中は、一般の人よりリステリア菌に感染しやすくなり、お母さんに症状がなくても、赤ちゃんに影響がでることがあります。海外では、スモークサーモン、未殺菌乳を使用した乳製品、生ハム、パテなどを原因とした食中毒が報告されています。

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課母子保健係

電話番号:042-527-3234

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。