ここから本文です。

更新日:2023年9月1日

帯状疱疹について

令和5年9月から、50歳以上の市民を対象に、帯状疱疹ワクチン接種費用の助成を実施しています。

助成を受けるには、事前の申し込みが必要です。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

帯状疱疹予防ワクチン任意接種助成事業

原因・感染経路

帯状疱疹は、水痘(みずぼうそう)と同じウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスで起こります。

多くの方が子どもの頃に水痘(みずぼうそう)に感染し、治ったあともウイルスが体の中に長期間潜伏しており、加齢や疲労・ストレスによって免疫が低下すると、ウイルスが再活性化することで、帯状疱疹を発症します。

原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスに対しては成人の9割以上が抗体を保有していることから、既にほとんどの人が感染していると考えられ、誰もが帯状疱疹を発症するリスクがあります。

症状

水ぶくれを伴う発疹(水疱)が、皮膚に分布している神経に沿って帯状に出現します。水疱が見られる2日から3日前に痒みや痛みを感じ、皮膚が赤く腫れます。1週間程度経つと水疱の多発や発熱、頭痛、リンパ腫の腫脹などの症状が見られることもあります。通常は、2週間から4週間ほどで水疱が破れて、痂疲化(かさぶたになる)し、皮膚症状がおさまります。また、皮膚症状が治ったあとも痛みが続くこと(帯状疱疹後神経痛)もあります。

治療

治療の中心は、抗ウイルス薬の投与です。出来るだけ早く治療を開始すると効果が高いと言われています。帯状疱疹を疑う症状に気がついたら、出来る限り早く医療機関を受診しましょう。

予防方法

免疫が低下しないよう日頃の体調管理が大切です。食事、睡眠、運動等、健康管理に気をつけた生活を送り、ストレスや疲れをためないように心掛けてください。

2016年3月より生ワクチンである水痘ワクチンの効果・効能に50歳以上の者に対する帯状疱疹予防が追加されました。さらに2018年3月からは乾燥組み換え帯状疱疹ワクチンが承認されました。

50歳以上の方については、ワクチン接種をすることで、発症予防、重症化予防が期待出来るとされています。

帯状疱疹(東京都感染症情報センター)

水痘・帯状疱疹の動向とワクチン(IASR、国立感染症研究所)

その他

周囲への感染

帯状疱疹は、帯状疱疹として周囲の人にうつすことはありませんが、周囲の人が水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を保有していない場合は、感染する可能性があり、水痘(みずぼうそう)を発症する恐れがあります。全ての水疱が痂疲化(かさぶたになる)すれば、周囲への感染力はなくなります。

お問い合わせ

福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。   

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。