ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみの分別・出し方 > 【平成31年1月から】プラスチックの収集方法が変わりました

ここから本文です。

更新日:2019年1月1日

【平成31年1月から】プラスチックの収集方法が変わりました

平成25年11月から始まりました家庭ごみの戸別収集・有料化は、開始から5年が経過し、さらなるごみの減量と分別・リサイクルに向けた課題が出てきました。その課題の対応のひとつとして、平成31年1月よりプラスチックの分別方法を変更することとしました。ご理解、ご協力をお願いします。

変更内容

「プラスチック」の分別を適正化し、リサイクル率を向上させるため、「容器包装プラスチック」と「製品プラスチック」に分けて収集します。

容器包装プラスチック

商品が入っていた容器や、商品を包装していたプラスチック類(例:食品容器・トレー、洗剤容器など)
容器包装プラスチック

製品プラスチック

プラマークのないプラスチックのみでできた製品で、容器包装プラスチック以外のプラスチック類。(例:バケツ、かご、プラスチック製食器・保存容器など)

製品プラスチック

分別がわからない場合はごみ分別アプリまたは資源とごみの分別ハンドブック(平成31年1月改訂版)をご覧ください。

変更の背景

汚れたプラスチックや異物の混入により、その他のきれいなプラスチックまで汚れてしまい、年々リサイクル率が低下しています。
世界的に見ても、プラスチックごみの海洋流出、マイクロプラスチックの生態系への影響拡大などの環境問題が注目されており、プラスチックごみの減量・分別が求められています。


プラスチックリサイクル率グラフ

 

関連リンク

【平成31年1月から】資源とごみの収集日が変わりました

お問い合わせ

環境下水道部ごみ対策課収集係

電話番号:042-531-5518

ファックス:042-531-5800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

※氏名・住所・電話番号などの個人情報は記入しないで下さい。
※回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署(このページのお問い合わせボタンから)または「市政へのご意見」ページからお願いします。
※文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないで下さい。